菅首相の所信表明演説の中身

菅首相の施政方針演説の中身  びっくり仰天の中身です。

1.秋からデジタル庁指導、3月からマイナンバーと健康保険証、4年後に運転免許証と一体化。

2.外国人の国内財産を相続税の対象外にする。

3.海外の人材がビジネスを容易に開始出来るように在留資格の特例を設ける。

4、我が国を代表する企業の役員の3分の1以上を独立社外取締役とし、、女性・外国人。中途採用の管理職の投用について、目標の公表を求める。

5、観光大国を目指してアイヌ文化のすばらしさうぃ体感できるイベントの充実。

6、三の丸尚蔵館の2千を超える国宝や重要文化財級の美術品を地方に貸し出し文化観光の核とする。

7.皇室については、付帯決議の主旨を尊重し対応(付帯決議とは女性宮家創設)

マイナンバー
ワクチンの接種した人をマイナンバーに紐づけして、登録をする。ワクチンを接種した人が、コロナにかかったとか、体がおかしくなったといった人が多く出ている。アメリカの非常に強いウイルスに対応するために作ったワクチンは、副作用が出る可能性があります、その強いワクチンを、日本政府は、国民にマイナンバーで接種したかどうかを把握するため、マイナンバーの紐づけしようとしている。効果があるかどうかがわからない危険なワクチンを強制することに強く反対します。

マイナンバーの健康保険証や運転免許証がマイナンバーに紐づけされたら、中国のハッカーがデジタル庁のサーバーに侵入して、日本国民の個人情報が盗まれる可能性があります。 

アメリカの大統領選挙において、中国からのサーバーへの侵入で、トランプ大統領の得票数を大きく減らされたことから、トランプ大統領はバイデンに負けました。中国などのハッカーの防御は、不可能だと言われています。
国民の個人情報を日本政府が管理することは、中国のような管理社会になるかの可能性がある。税金対策のため、個人財産まで紐づけまでされると、中国の人民解放軍のハッカー集団による搾取で、日本国民の財産の流失の危険性がありえます。

さらにサーバーなどを、中国製のファーウエイを入れると言っています。ファーウエイを入れると、中国に個人情報を抜かれて、日本の国民の財産を取られる心配が出てきます。

マイナンバーの個人情報の一元化管理は非常にやばい政策です。

2035年までにガソリン車の廃止
脱炭素社会の創設で、政府はガソリン車の廃止を目指している。電気自動車に変えるとなると、世界に冠たる自動車会社 トヨタ、日産、マツダ、ホンダの自動車産業の解体につながる。 電気自動車は、非常にエンジンが簡単なので、後進国でも容易に作れるので、中国が圧倒的に有利になる。しかも長距離は走れないという問題点もあります。


北海道の不動産は中国人が買い占め
北海道の土地が四国くらいの広い土地が、中国に買われています(水源地や千歳飛行場の近所など)。持ち主が死亡しても、なぜ中国人には相続税をなしにしなければならないのでしょうか? 中国を優遇しすぎではありませんか? 海外の多くの国では、安全保障上、外国人がその国の不動産を購入できないという法律を作っている国が多いのに、なぜ日本は、外国人の不動産取得を許しているのですか? 日本は中国の属国になってしますのが心配です。日本はおかしいと思われませんか?
アメリカは、今回の大統領選挙でもわかるように、長い期間をかけて徐々に静かに侵略し、国の政府中枢に入って、影響を与えています。 日本も少し中国に対してもっと厳しく対応してもらいたいと考えますが。

皆さんはいかがお考えでしょうか?

ほかの項目については、また次回にします。

この管さんの施政方針演説の項目は、水間条項TVを参照してアップしました。
?Gg[???ubN}[N??